電子ひのきばやし
2014年7月16日 vol.151
夏が短い北海道は各地でイベントが目白押しです。先日はこだて国際民俗芸術祭の「市民スポンサーパス」が発売され、ひのき屋は上富良野、美瑛、旭川などを回ってきました。
今年も開催!!「はこだて国際民俗芸術祭」

01
「元町公園で、『世界』に出会う」を合い言葉に、ひのき屋が企画からどっぷりかかわっている、はこだて国際民俗芸術祭。
007回目をむかえる今年も元町公園会場をメインに、あらたな試みもいろいろと。さらにパワーアップしてお届け致します!
もちろん、ひのき屋も出演予定。(例年のごとく出番は後半戦かな…。)
今年はどんな出会いが待っているのか!?
いまからとってもたのしみです!

世界のフードや雑貨がたのしめる「もぐフェス」も同時開催。
ぜひぜひ会場で「体感」すべし!!

2ヶ月前からレクサ元町が乗り放題などお得な市民スポンサーパスをぜひぜひお買い求めください!
1口1万円からの協賛も募集中です。
詳しくは芸術祭のウェブサイトをご覧ください。

第007回はこだて国際民俗芸術祭
  • 日時:8/4(月)から8/10(日) 開場はイベントにより異なります
  • 会場:大門グリーンベルト「前夜祭」(8/4)、元町公園・旧函館区公会
  • 出演:海外・国内の民俗芸術団体(アーティスト)多数
  • 料金:市民スポンサーパス2,000円(元町公園会場6日間)、ワンデイパス平日500円・土日1,000円(元町公園会場1日間) ※小学生以下はパス不要
  • 取扱:ローソンチケット(Lコード19491)、函館市民会館、函館市芸術ホール、カフェ・ドリップドロップ(まちづくりセンター1F)、松柏堂プレイガイドほか各販売所
  • 主催:一般社団法人ワールズ・ミート・ジャパン
  • 問合:ヒトココチ 0138-51-5727
  • 詳細:http://wmdf.org
しまだめぐみの日々のあれこれ

01
北海道は広い!(>_<)
あっというまの1ヶ月でした。
レコーディングにはじまって、上富良野やらオープニングライブやら湯倉神社に恵山などなど。
そして月末は旭川から雄武に入り、一度函館にもどって美瑛、そしてふたたび旭川へ。
車に乗ってる時間が多すぎて、朝起きるといまがいったいどこで何曜日なのか何度もわからなくなっちゃいました。ふー…。
どこでもドア欲しい!!

でも、今回もいい出会いがたっぷりと♪

上富良野高校の高校生はみんなかわいかったし、芸術祭のオープニングライブでは、はじめましてのコロリダスやカンランにお久しぶりのショピンと仲間がたくさんで刺激たっぷり。打ち上げもたのしかった ^_^

01
今回で2回目となる雄武は、前にも増して食い倒れ! おいしいものをたっくさんいただきました。昼間の小学生は元気いっぱいで夜のライブにもかけつけてくれて、いっぱいいっぱい踊って騒いでくれました。ほんと大好きな町。また行きたいな。

そしてそして、はじめましての町。美瑛。
今年の春の金森大道芸での出会いがきっかけでした。
こちらもまた「熱い」出会いに。
ほんといいトコでした。
もっとのんびりしたかった。
きっとまた、必ず訪れたいと思います。

01
ラストの旭川。高砂酒造の方々にはほんとによくしていただいて。
お酒もおいしかった!
そしてなにより、音と雰囲気が最高でした。
こちらもまたきっと!
そんなこんなであっというまに7月です。
芸術祭の準備も大詰め。
北海道の短い夏を満喫しなくては!!

でわ、また。

北海道教育委員会と「北海道家庭教育サポート企業」協定締結

このたび株式会社ヒトココチは、北海道家庭教育サポート企業等制度にもとづき、北海道教育委員会と協定を締結しました。今後相互に協力のうえ、地域行事への協力・支援や「道民家庭の日」等の普及に取り組みます。

これまで、ひのき屋のマネージメントやはこだて国際民俗芸術祭の制作、そして学童クラブひのてんの運営などを通じて、子どもたちと関わってきました。これからもこうした経験を活かして、情操教育や子育て支援などの分野で貢献してまいりますので、変わらぬお引き立てをお願いいたします。

[提供]電子ひのきばやしは、株式会社富士サルベージの提供でお届けしました。
φ(‥) 電電語録 by ふくだたくま:これまで読んだフリをしていた夏目漱石『坊っちゃん』めでたく読了!


ひのき屋の最新情報 購読解除・個人情報
電子ひのきばやし
不定期発行・無料
発行:株式会社ヒトココチ
〒041-0833 函館市陣川町52-1 Tel.0138-51-5727
編集人 しまだめぐみ|構成 ふくだたくま


次回もお楽しみに!