電子ひのきばやし

電子ひのきばやし 2011年11月9日 vol.123

■もくじ

  • 01 ワタナベヒロシ便り・11月号「ひのき屋、秋を行く」
  • 02 ツイッターはじめました
  • 03 横浜なう

★ここから本文

01[ワタナベヒロシ便り・11月号「ひのき屋、秋を行く」]

 お盆が過ぎ、学校でいうところの「夏休み明け」からは、ひのき屋にとってもっともハードな旅の季節となります。主に北海道内の小学校での演奏となるのですが、今年は8月下旬から9月にかけてのすべての平日に公演が入るという、超多忙な年となりました。
 日曜の朝に函館を発ち、連日、移動と公演の繰り返し。金曜の深夜に函館に戻り、土曜は1日函館で休息(実際には洗濯に追われる土曜となる)。そしてまた日曜の朝に函館を出発。そんな日々がひと月以上続きました。10月に入って旅は一段落するも、中旬からはまた北海道を巡る新たな旅が始まりました。10月の北海道は季節の移ろいが最もはっきりと感じられるとき。木々は秋色に変わり、風は秋風。畑では野焼きが始まり、遠くの山は白くなり始めます。秋の月が格別に美しいと感じるのもこの季節。実に贅沢な旅をさせてもらっています。
 ただし移動中の、野生のエゾシカの横断には注意せねばなりません。

02[ツイッターはじめました]

ワタナベヒロシ on Twitter

 さっぱり更新されないと負の評判の高いひのき屋ブログ...。たびたび指摘を受けては更新するのですが、どうにも長続きしないといいましょうか。恥ずかしい限りです。
 そんな不精なひのき屋でも、140文字程度なら更新できるのではなかろうかと思い、パソコンのホームページにツイッターのつぶやきを表示するようにしました。「#hinokiya」が含まれるつぶやきは、そのままひのき屋のホームページに表示されます。ツイッターご利用の方はぜひ「#hinokiya」の盛り上げにご協力下さい。
 なお、ツイッター内にはワタナベとしまだが居ります。どうぞ見つけ出してフォローしてやって下さい。

03[横浜なう]

ひのき屋 in スペースオルタ

「ひのき屋・トラベリングバンド」in スペース・オルタ
日時:11/19(土)開場18:00 開演18:30
会場:スペース・オルタ(新横浜2-8-4 オルタナティブ生活館B1)
出演:ひのき屋(函館拠点の「トラベリングバンド」)、カテリーナ(ウクライナのバンドゥーラ奏者)
料金:前売一般2,500円、学生1,500円、ペア4,500円、当日各500円増し(ただしペアは前売りのみ)
取扱:ローソンチケット(L-75166)
主催:スペース・オルタ、ヒトココチ
問合:ヒトココチ 0138-51-5727

 ひのき屋結成当初は、かなり無鉄砲な旅をしていました。東北から関東、関西、さらには九州、四国まで、約1ヶ月のライブツアーはしたものの、函館に帰ってみると有り金はほとんど残っていない、みたいなことも多々...。もちろん、そんな時代だからこそのおもしろエピソードはたくさんあったりもするのですが(書籍「プラタナスの樹」をご覧下さい)。
 最近は本州に渡ることなく、着実に北海道内で仕事をすることが多くなりました。それでも「11月の横浜」だけはすっかり定着しています。そして今、ひのき屋は横浜に来ています! その演奏のほとんどは横浜市内の保育園や幼稚園ですが、横浜滞在最終日の11/19(土)には、ひのき屋の関東の拠点ともいうべく、新横浜の「スペース・オルタ」で一般向けのライブもあります。
 2011年、最初で最後の関東でのひのき屋ライブ。どうぞどうぞご来場下さい。なお、横浜のあとは新潟まで走り、新潟の小学校で1本だけ公演をやって函館に戻ります。横浜から新潟間は300〜400キロ程度でしょうか?函館から札幌と同じくらいですね。近所!近所!
 今回は北海道内と同じく、トラックとワゴン車の2台で走っています! 横浜なう!

φ(‥) 電電語録byふくだたくま:ひのき屋が遠くへ行けば行くほど、事務所を離れられなくなります。

★次号もお楽しみに★
:購読解除はhttp://www.hitococochi.jp/bye/へアクセス。
:個人情報取扱ポリシーはhttp://www.hitococochi.jp/privacy/で公開しています。
[電子ひのきばやし]不定期発行・無料
:ひのき屋ウェブサイト http://www.hinokiya.com
[提供]電子ひのきばやしは、株式会社富士サルベージの提供でお届けしました。
:発行 株式会社ヒトココチ|〒041-0833 函館市陣川町52-1 T.0138-51-5727|編集人 ふくだたくま