電子ひのきばやし

電子ひのきばやし 2011年5月25日 vol.120

■もくじ

  • 01 雨宮牧子便り・5月号「東欧ツアー雑感」
  • 02 ハンガリー公演の様子をYouTubeで見よう
  • 03 マオリとヒノキヤ・最終報

★ここから本文

01[雨宮牧子便り・5月号「東欧ツアー雑感」]

雨宮

 こんにちは、ひのき屋の飲んだくれ・あめみやです。東欧ツアーから帰ってきました。
 チェコではお店での食事の際にまずドリンクの注文を聞かれるのですが(この時点で日本のように水が出されていることは決してありません)、ビールと水と珈琲の値段が同じくらいなので、もちろん毎回ビールを飲んでいました。チェコのビールは世界一おいしいそうです。そしてスロヴァキアのビールも世界一おいしいそうです。ハンガリーのトカイワインはとてもおいしかったです。

 皆さまいかがお過ごしでしょうか? お花見はしましたか?

 チェコ、スロヴァキア、ハンガリーと3カ国を回って(ホームページのブログをぜひご覧ください)帰ってきたら、函館は桜が咲いていました。羽田からの帰りの飛行機が函館の市街地を舐めるように飛んだので、五稜郭公園が薄紅色に染まっているのを空から見ることができたのです。チェコでは八重桜をよく見かけたので、少しだけ季節が逆戻り。

ひのき屋東欧ツアー

ひのき屋東欧ツアー
 私の通勤路は桜の名所・五稜郭公園の横を通るので、桜の開花状況を毎日確認することができます。枝が赤く色づき始めた頃から、花芽、開花、五分咲き、八分咲き、満開、そして散った花びらがお濠や車道を覆う頃まで、それはもう日々心浮き立つ眺めです。
 ただ、今年は何か物足りないなぁと思っていたら、その今日か明日かと心待ちにする時期に函館を留守にしていたのでした。やっぱり一足飛びはいかんです。何事も、一歩一歩。

 しかし、春はやはりいいです。
 この文章を書いている本日、函館は快晴。風はひんやりとしていますが、実にさわやかです。山鳩の低くくぐもったような鳴き声と鶯の高く美しいさえずり、時折、雉の強く存在を主張するような声が交ります。今朝土が起こされた畑の脇ではたんぽぽが黄色く咲き乱れています。つくづく、のどかな美しい環境に身を置いていることを実感します。これは山の中の別荘ではなく、ひのき屋の事務所の話ですよ。

 さてさて、鳥の声に聞き入ってばかりというわけにもいきません。
 あと5日もすると、ニュージーランドはクライストチャーチから、先住民族マオリのダンスグループがやってきます! 世界中の人達が日本を避けている、今、この時にです。

 チェコからの帰りの便はロンドン経由だったのですが、そのイギリスの航空会社は、1日3便飛ばしていたロンドン-東京便を震災後1便に減らし、それでも、500人くらい乗れるジャンボに100人も乗っていなかったのではないか? というガラガラぶり。成田空港も唖然とするほど閑散としていました。
 3月11日に日本を襲った災害はどの国でも大きく報道され、その被害の甚大さに驚き、世界中が日本のために祈ってくれました。

 しかし、誰もが今、日本に近寄りたくないと思う理由は、やはり原発事故です。
 スロヴァキアでの日本チャリティーライブに来てくれた二十歳くらいの女性は、「地震と津波の報道はものすごくて、日本は沈没してしまったかと思った。でも報道というのは過剰になるものだから、実は普通の生活を続けている人達もたくさんいるんでしょう?」と言っていました。東欧では若い人達も政府による情報統制時代を知っていて、与えられる情報に対して懐疑的な視点も強く持っています。でもそれは、裏を返せば、「安全ですよ」という情報に対しても働く思考です。そして特にヨーロッパでは、チェルノブイリの原発事故が強く強く記憶に残っているのです。

ひのき屋東欧ツアー

 そんな人達に、日本は生きているのだということを、どうやって伝えたらいいのか。
 この窓の外にあるような平穏な情景というのは決して報道されないものです。国内では、「マガモの親子がお引っ越し」なんて春の風物詩もニュースでやりますけどね。

 しかし、マオリの人達は来てくれます(ようやく話が戻ります)。
 しかも、リーダーのケリーアナさんは、生後1ヵ月のベビーを連れて!

 奇しくも大地震の被災国同士の交流となりました。
 世界中の人に、函館を自慢したくてやっている(あくまで私個人の理由です)「はこだて国際民俗芸術祭」。そのオープニングライブで、世界中の人に、函館は、日本は生きているよーと伝えたい。そして赤道を越えてやって来てくれるマオリの人達を精一杯の元気で迎えたい。
 そう思いながら、朝晩、目を見開く練習をしています。目標はもちろん、あのチラシの大きな女性です。

 皆さま、お近くにお住まいの方もちょっと遠くにいる方も、ぜひ6月5日は函館市民会館にお集まり下さい。目を当人比1.5倍大きくしてお待ちしております。

02[ハンガリー公演の様子をYouTubeで見よう]

 現地のバンドやフォークダンスグループとセッションしている、ひのき屋・ハンガリー公演の様子をYouTube(http://youtu.be/qgWf7JH6iuk)でご覧ください。

03[マオリとヒノキヤ・最終報]

マオリとヒノキヤ

 マオリのグループ・イマヌエラが間もなく来日!! チケットはもうお持ちでしょうか?
 お近くの会場でお会いしましょう。カマテ!カマテ!カオラ!カオラ!

◆5/31(火)マオリ来日 男女8人と生まれたばかりの赤ちゃん1人
◆6/1(水)八雲町民センター「マオリとヒノキヤ」18:30開演 ローチケ・Lコード:15799
◆6/2(木)鹿部中央公民館「マオリとヒノキヤ」18:30開演 無料 ※教育委員会主催(01372-7-3124)
◆6/3(金)北海道教育大学附属中学校・芸術鑑賞教室 ※非公開
◆6/4(土)函館大谷短期大学・オープンキャンパス ※函館大谷短大主催(0138-51-1786)
◆6/5(日)ふるる函館「はこだて国際民俗おやつパーティー」※なちゅらす主催(0138-22-0990)
◆6/5(日)函館市民会館「マオリとヒノキヤ」18:30開演 ローチケ・Lコード:15592
◆6/7(火)マオリ帰国

φ(‥) 電電語録byふくだたくま:遠くを見ることはストレスの解消になりますが、アリの巣をながめるのもオススメです。

★次号もお楽しみに★
:購読解除はhttp://hito.co.jp/bye/へアクセス。
:個人情報取扱ポリシーはhttp://hito.co.jp/privacy/で公開しています。
[電子ひのきばやし]不定期発行・無料
[提供]電子ひのきばやしは、株式会社富士サルベージの提供でお届けしました。
:発行 株式会社ヒトココチ|〒041-0833 函館市陣川町52-1 T.0138-51-5727|編集人 ふくだたくま