電子ひのきばやし

電子ひのきばやし 2011年4月8日 vol.118

震災の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
被災地の皆様のご健康と、一日も早い復興を願っております。

■もくじ

  • 01 ワタナベヒロシ便り・4月号「ハルノハジメ」
  • 02 5月、函館に来ませんか?ってお誘いです
  • 03 特報・芸術祭オープニング「マオリとヒノキヤ」

★ここから本文

01[ワタナベヒロシ便り・4月号「ハルノハジメ」]

デネブとひのき屋

 さて、新年度が始まりました。ひのき屋はこの4月、東欧ツアーに行ってきます。行き先はチェコ、スロバキア、ハンガリー、ポーランド。今回のツアーは昨年函館に招いたチェコのバンド「デネブ」との繋がりから実現しました。もちろん、チェコではデネブのメンバーと1年ぶりに再会し、共演もする予定です。

 考えてみると、昨年は珍しく海外ツアーのない1年でした。ここ10年ほど、年に1回は海外ツアーが入っていたのですが、昨年はフェスティバル研修のため、3月にオーストラリアに行ったきりでした。最近よく言われるのですが、ひのき屋はしょっちゅう海外に行っている、というイメージがあるようです。しまいには海外に移住したというウワサまで聞きました。そんなことはないですからね。ひのき屋はあくまでも函館に住んでいて、細々と地味に暮らしています。海外には年に1回行く程度です。

 これまで11の国と地域で演奏してきました。海外ツアーから帰ってくると、いつも「今回はどんな影響を受けてきましたか?」などという質問を受けたりします。私の場合、あくまでも私の場合ですが、一番影響を受けるのはどうも「食文化」のようです。例えば、ブラジルではフェスティバルに参加していたアルゼンチンのアーティストが、生野菜にオリーブオイルと塩をかけて食べていました。それが私にはとってもかっこよく見えました。それ以来、私は生野菜にサラダ油と塩をかけて食べるようになりました(オリーブオイルはなかったので)。台湾に行ったあとには、朝食にお粥を食べるようになりました。それでも「音楽」の影響というのは、あまり受けたことがないような気がします。ただ、見た風景や出会った人、その土地の空気といったものは自然と自分の中に吸収されていて、何かを表現しようとするときには、自然なカタチでにじみ出ているんじゃないかなーと思っています。

 今度行く国は初めての国ばかり。どんな人に出会えるか。どんな風景に出会えるか。とっても楽しみです。そして今年1年はどんな出来事が待っているのか。すべてのことが私の「表現」というものにつながっていくといいなーと願っています。

 さあて。新しい春のはじまりですぞ!  (ワタナベ)

◆4/21(木)〜5/3(火)チェコ、スロバキア、ポーランド、ハンガリー「東欧ツアー2011」
◇ワタナベヒロシの新しいブログ「流れ者の酒場II」好調更新中です!

02[5月、函館に来ませんか?ってお誘いです]

 今回の大地震では、函館も観光地が浸水するなどの被害がありました。幸いにも人的被害は大きくはなかったのですが、観光客が激減し、ホテル・旅館をはじめ、大打撃を受けています。

 5月、函館に来ませんか?

 まもなくゴールデンウィークがやってきますが、未だ大地震の影響が続いており、先行きはまだまだ不安です。そんな中、まずは自分たちの住む函館の街に人を呼び込むことから始めたいと思いました。大変なのは函館だけではないのは重々承知ですし、函館よりももっともっともっともっと大変な地域があることは誰しもわかっています。それでも、まずは自分の足元から、自分の街をなんとかしようというところから始めなければいけないかな、と思います。

 5月、函館に来ませんか?

 ひのき屋は5/3(火)まで東欧ツアーに行っていますが、5/4〔水)から「BAYはこだて」で、「金森大道芸7」を行います。これは例年やっていることですが、今年はゴールデンウィーク期間だけでなく、5月中の週末にも極力ストリートライブをやろうと話しています。チャリティーだとか、義援金だとかというよりは、函館に来てくれたお客さんを音楽で歓迎するため、もしくはひのき屋がストリートライブをやってるから函館においでー!といった感じでしょうか。

 自分が楽しむことすら気が引けてしまうこの頃ですが、楽しみながら函館を、日本経済を支援することも出来ます。どうぞ、みなさん。5月は函館を楽しみにいらして下さい。ひのき屋一同、函館でお待ちしています。よろしくお願いします。 (ワタナベ)

◆5/4(水)〜5/8(日)ほか BAYはこだて「金森大道芸7」10:30頃から随時・雨天中止 無料

03[特報・芸術祭オープニング「マオリとヒノキヤ」]

 はこだて国際民俗芸術祭オープニングライブツアー「マオリとヒノキヤ」が開催されます。マオリの伝統舞踊グループ「イマヌエラ」とひのき屋の共演です。ぜひご来場くださいませ。
 イマヌエラのメンバーはそのほとんどが、2月に震災のあったクライストチャーチに住んでいます。被災地同士ともに手を携えながら前に進む。そんなメッセージが伝わるようなステージであればと思います。
 試練のときだからこそ、皆で集まり、勇気を分かち合いましょう!  (ふくだ)

マオリとヒノキヤ

◆6/1(水)八雲町民センター「マオリとヒノキヤ」18:30開演 ローチケ・Lコード:15799
◆6/5(日)函館市民会館「マオリとヒノキヤ」18:30開演 ローチケ・Lコード:15592

 前売券はローチケで発売中。その他、詳細は近日中にホームページ等でご案内します。

φ(‥) 電電語録byふくだたくま:先日ある取材で「ふくださんは仕事しかしてませんね」と言われました。

★次号もお楽しみに★
:購読解除はhttp://hito.co.jp/bye/へアクセス。
:個人情報取扱ポリシーはhttp://hito.co.jp/privacy/で公開しています。
[電子ひのきばやし]不定期発行・無料
[提供]電子ひのきばやしは、株式会社富士サルベージの提供でお届けしました。
:発行 株式会社ヒトココチ|〒041-0833 函館市陣川町52-1 T.0138-51-5727|編集人 ふくだたくま