電子ひのきばやし

電子ひのきばやし 2010年12月8日 vol.114

■もくじ

  • 01 LaLaLaで行こう2010
  • 02 和太鼓を買うなら今がチャンスです
  • 03 編集人が勝手に選んだ弊社3大ニュース

★ここから本文

01[LaLaLaで行こう2010]

LaLaLaで行こう2010

 「武義和さんのお話とピアノ伴奏にあわせて、心地よくうたう」会が開かれます。12/12(日)10:00より、つくしの子保育園(函館市亀田中野町57-15)にて。会費はおとな1,000円、大学生以下無料。どなたでも参加いただけます。お問い合わせは実行委員会(0138-46-8874・つくしの子保育園 野田)までどうぞ。

 武義和さんは2000年、山形県小国町に「小国フォルケホイスコーレ」を設立。うめこ先生シリーズ、新垣勉さんシリーズなどのテレビドキュメンタリー番組で音楽を担当。現在は全国の保育園・幼稚園、子育てや教育の現場で飛び回っています。また、LaLaLaで行こうのレギュラー講師として、毎回大きな感動を与えています。

02[和太鼓を買うなら今がチャンスです]

和太鼓

 例えば、1尺3寸のハイテク和太鼓セット(平台、バチ1組付き)が、税込153,000円。期間限定・和太鼓割引セール。セールの詳細は川田太鼓工房代理店・ヒトココチ(0138-51-5727)までどうぞ。これまで、保育園や幼稚園での導入実績があります。ご希望と予算に応じて、最適な太鼓と道具を、確かな目でご提案いたします。ご希望の方には無料パンフレットを謹呈。

03[編集人が勝手に選んだ弊社3大ニュース]

WMDF2010

 さぁ今年も残すところあとわずか。本紙編集人・ふくだたくまが、ヒトココチの3大ニュースを「勝手に」まとめてみました。

1位. 第003回はこだて国際民俗芸術祭・無事閉幕
2位.「ひのき屋3点セット」発売開始
3位. 新社員加入で制作部が増強
選外. 健康診断、ソガ直人の授業、史上最長のひのき屋ツアー群

 弊社が制作を担当している芸術祭。まずは6月のオープニングライブツアーでは、チェコからバンド「デネブ」を呼び寄せるなど、今年は本物にこだわりました。そして8月はとにかく猛暑だったので、飲み物がよく売れました。何よりも「セカンドエリア」が誕生し、規模も来場者数も大きくなりました。にもかかわらず、大きな事故がなく無事に終えることができたのでよかったです。

 次に、写真家・江本秀幸氏の集大成ともいえる書籍「プラタナスの樹」をはじめ、ひのき屋のCDアルバム「だるまさんがころんだ」、ソガ直人のCDアルバム「バルカンの月」という、いわゆる「ひのき屋3点セット」を発売までこぎつけることができました。これには春から初夏にかけて、関係者ともども産みの苦しみを味わいました。おかげさまで、現在順調に売れております。内容についても好評をいただいております。といわけで、まだお手元にない方は、年内の総決算としてお早めにお求めください。

 そして、今夏から弊社制作部に井藤淳哉が加入。試用期間を経て、現在フルスロットルで制作業務にあたっております。といいたいところですが、先程のぞいてみたら、弊社の忘年会の段取りを組んでいました。コイツはもしかしたら大物かも知れません。これから皆様のご期待に添えるよう、ビシバシ鍛えていきますので、主に関係取引先の皆様、よろしくお願いいたします。

 ちなみに選外ですが、年齢とともに、健康診断のメニューが増えてきました(編集人は検便を体験しました...)。ひのき屋代表・ソガ直人に関しては、短大や大学の授業で多く講演をさせていただく年になりました。また、横浜関連のツアーが史上最長の3週間にわたるなど、多くの旅の機会をいただきました。
 ひのき屋、そして芸術祭。ゆく年もくる年も、少数ながらスケールの大きなプロジェクトを遂行できる会社でありたいと思っております。変わらぬお引き立てを、よろしくお願いします。

φ(‥) 電電語録byふくだたくま:一覧表を「いちらんぴょう」と言う人がいます。関西の友人がそれを聞いて、めちゃくちゃ笑ってました。この話題を「笑うようなことかなぁ?」と思った人は、もしかしたら東北以北の人かも知れません(仮説)。

★次号もお楽しみに★
:購読解除はhttp://hito.co.jp/bye/へアクセス。
:個人情報取扱ポリシーはhttp://hito.co.jp/privacy/で公開しています。
[電子ひのきばやし]不定期発行・無料
[提供]電子ひのきばやしは、ヒューマンリンクス、株式会社富士サルベージの提供でお届けしました。

:発行 株式会社ヒトココチ|〒041-0833 函館市陣川町52-1 T.0138-51-5727|編集人 ふくだたくま