電子ひのきばやし

電子ひのきばやし 2009年7月24日 vol.94

■もくじ

  • 01 ひのき屋 in ザグレブ(クロアチア)
  • 02 インターネットで巡る世界のフェスティバル

★ここから本文

01[ひのき屋 in ザグレブ(クロアチア)]

ザグレブの女性

初めてのたいこ

ひのき屋ライブ
写真:イトウジュンヤ

 ひのき屋・欧州公演団より、写真が届きました。クロアチアの首都・ザグレブの様子です。全ての写真はPicasaで公開していますので、興味のある方はぜひご覧ください。演奏の他、フェスティバルからの表彰、研修会、現地大使館での会食など、様々な日程を精力的にこなしたとのことです。まもなく帰国します。

02[インターネットで巡る世界のフェスティバル]

MSF

 編集人・ふくだが2002年にクロアチアを訪れたときは、ようやくデジカメが普及してきたという感じでした。それが今や、ネットを通じて現地から写真が送られ、動画投稿サイトを通じてフェスティバルの様子を知ることができます。日本語のサイトばかりではもったいない! 世界のサイトをクリックしまくり、映像や雰囲気を楽しみましょう。
 まずは、ひのき屋が参加したのは第43回「International Folklore Festival」。クロアチア語では「Medunarodna Smotra Folklora」といいます(もちろん読めません)。今年の演奏の様子が左側のコラムに掲載されています。なかなかオモロイです。
 次に、ボスニア・ヘルツェゴビナのフェスティバル「The Night of Bascarsija(バシチャルシヤの夜)」を見てみましょう。いきなりボスニア語なので気が滅入りますが、タイトルには「バシチャルシヤ・ノチ」と書かれています。右側コラムのポスターをクリックすると、今年のプログラムがPDFで表示されます。英語併記なので根性があれば読めますが、とりあえず見て楽しみましょう。ひのき屋の写真もあります。探してみてください。
 他にも、以前研修に訪れたオーストラリア・アデレードの「Womadelaide」も思い出深いものがあります。今年は3月に終わってしまったのですが、次回は2010年3月5〜7日だそうです。ワールドミュージックの最高峰といえるフェスティバルです。たまにクリックしてみてください。本家本元は「WOMAD」というフェスティバルですが、こちらは行ったこともなければ、プロモーション資料を送っても無視され続けています。がんばるぞ。
 顔を上げると、世界は広いものです。インターネットで世界のフェスティバルを探訪しましょう! あなたのオススメのワールドフェスティバルがあれば、ぜひ教えてください。

φ(‥) 電電語録byふくだたくま:先日函館野外劇を見学してきました。照明や音響の仕掛けが気になって、ストーリーそっちのけの自分が嫌ですが。

★次号もお楽しみに★
:購読解除はhttp://hito.co.jp/bye/へアクセス。
:個人情報取扱ポリシーはhttp://hito.co.jp/privacy/で公開しています。
[電子ひのきばやし]不定期発行・無料
[提供]電子ひのきばやしは、ヒューマンリンクス、株式会社富士サルベージの提供でお届けしました。

:発行 株式会社ヒトココチ|〒041-0833 函館市陣川町52-1 T.0138-51-5727|編集人 ふくだたくま